通行止め

先日の大雨で、茨城県の常総市、宮城県の大崎市を始め各地で大きな被害が出たことは記憶に新しいところです。当初の行程として考えていたコースでの災害でしたので、とても気になります。

というのも、秋冬を太平洋側で過ごしたいと思っていたので、早い段階で奥羽山脈を越えたいなと思っていました。
横手盆地からなら、岩手県の北上市方面へ107号線を通って行くのがポピュラーだと思いますが、生憎今年の3月に発生した錦秋湖近くの土砂崩れで一般道が未だに通れません。

そこで第2の想定コースが、山形県に一度抜け、そこから宮城県側へ抜ける「新庄-鳴子温泉コース」と「尾花沢-鳴瀬川コース」だった・・・のですが

宮城県大崎市と県境の山形県新庄市・天童市の道路状況(9/13現在)について
山形県側
交通情報-山形

宮城県側
交通情報-宮城大崎

見る限り、尾花沢からの347号線はアウトのようです。
新庄からの47号線は今のところ大丈夫みたいですね。
あとの選択肢は、

①108号線-鬼首峠
②48号線-作並温泉峡
③先に日本海側ルートを廻る

といった感じでしょうか?

ともかく来週の週間予報から目が離せない状態になりそです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です