10/7(17日目)

道の駅ばとうからおはようございます。
今朝は旅で初めてお会いした滋賀出身旅チャリダー・佐山くん(以下、びわくん)との起床でございます。

びわくんは宇都宮の大谷石資料館、私は宇都宮城を目指す予定でしたので、一緒に宇都宮へ
IMG_2732

鬼怒川を渡りいざ市内へ。

ここまでくるともう東京が100km圏内!
IMG_2741

関係ないですが、これ誤字ではないですよね?
上三川(kaminokawa・・・神の川!?)
IMG_2743

宇都宮といったら餃子でしょう!ということで、道の駅で教えてくれた餃子館で、れっつぎょーざ!

なんか違和感があるけど、宇都宮餃子発祥の店だって。
味は間違いないはず!
お品書き

当然、餃子定食をチョイス。
今回は1.5を注文。

うまし!間違いない味。
ごちそうさまでした。
IMG_2754

ついでに駅前に行ってみようということで、宇都宮駅へレッツゴー。
IMG_2755
・・・餃子館、あれ?

道の駅のおとうさん言ってたのこっちだったのか!?
やっちまったなぁ!
悔しいので二人で食べ比べ餃子12個(840円)と、ついでに栃木名物レモン牛乳を頼む。

あぁ~おなかいっぱい。いろんな味を楽しめる一皿でした。
個人的にチーズ餃子おいしかったな。

気も済んだし先に進みます。
びわくんのお話を聞いてると大谷石資料館も魅力的に感じてきたので、明日一緒に行くことに。
びわくん予定変更、道の駅うつのみやで一泊してから現地集合となりました(ここらへんの柔軟性はさすが)。

さて自分は宇都宮城へ向かいます。
実はここ宇都宮市と、我が地元・秋田県横手市はちょっとした繋がりがありまして、是非ともこの地を見ておきたいと思いました。
時代をさかのぼること約400年。
徳川家康の懐刀といわれた本多正信が長男・正純が、ここ宇都宮城から政争に破れ、流刑の身となり骨を埋める事になったのが羽後国、今の秋田県でありました。
そして菩提寺とお墓があるのが現在の横手市、というわけです。
宇都宮釣天井事件、と検索すれば色々出てくると思います。

私が行ったときにはもうすでにボランティアガイドさんが帰られてしまった後だったのですが、敷地内の資料館・清明館の職員の方が案内してくださいました。
それもめっちゃテンション高い!
宇都宮の起こりから江戸時代の町割り、戊辰戦争あたりまで詳しくお話してくださいました、まことにありがたかったです。
そしてしきりに、「本多正純を悲劇の主人公としてドラマ化してくれないかなぁ、小泉孝太郎あたりで!」とおっしゃってました。
わかる、、、わかりますよ(笑)
NHK大河ドラマ藩さん、ご一考のほどよろしくお願い申し上げます。
いやぁこのお姉さんと一緒に飲みに行きたいわぁ。

写真を見てのとおり、当公園はお城というよりほぼ住民憩いの場となっており、芝生やらトイレやらきれいに整備されていました。
なのでこんな風に、銃眼から銃を構えず最新鋭のゲーム機を操る幼兵も存在します(笑)
IMG_2791
この公園とゲーム機を使って、なにか陣取りゲームみたいなことをみんなでわいわいできないかな、とか創造しつつお城を後にします。

寝床へ向かう前に公園を出る前に資料館で目にした「宇都宮焼きそば」。
どうしても気になったので、餃子がお腹にまだ残っていますが、意を決して近くの焼きそば店へ。
焼きそばキング

お品書き
IMG_2807

今回のチョイスはダブルチーズ!(中650円)

うぉっしゅぁこのボんリューム!
チーズの乗っかった玉子にチーズの乗っかったチャーシュー。
チャーシューの厚さも食い応え抜群!
宇都宮焼きそばも、横手焼きそば同様、追いソースをして頂くようなのでドバッと
IMG_2813

あぁ~くった~。
ごっちゃんです!
IMG_2814

さすがに今日はもう何も食えない。
重いお腹を揺らしながら、十キロ先のネットカフェへ。
自分がゆっくりしたところでびわくんからツイッターが。
「初の道の駅締め出し喰らったぁ」
なんだと~!?
道の駅ホームページをよく見ると、宿泊施設併設型。
あぁ、なるほど・・・。
大谷石資料館から最寄の駅だよと勧めてしまった身としては、非常に申し訳ない気持ち。
地図見ても周りゴルフ場だらけで公園が見当たらん。
ここは彼の500日を越えるサバイバル経験に委ねるしかなさそうです。
すまん!びわくん!
彼の無事を祈りつつ、明日に備えます。

走行時間:4:14:07
走行距離:43.76km
平均速度:13.0km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です