12/14(85日目)

昨日より大滝家を出て、ネットカフェにてデータ整理&充電。

明るくなったところでボチボチ出発。

そして浜松・元浜町のクロネコヤマトにて荷物を受領。
IMG_20151214_114232

おかえりペケコ(G7X)!
こいつを千葉でガッシャンしてから約一ヶ月
ようやく修理が終わりました。
送ってくれてありがとう、My ブラザー。゚(゚´ω`゚)゚。

お昼は名古屋へ行く前に予習をしようと言うことで、グーグルに載っている浜松市内のスガキヤへ。
と思ったけど、あるはずのデパートフードコートにない。
手羽先の風来坊も浜松駅地下に行ったら無かったし、どちらも撤退してしまった模様。
とことん縁が無いな。

意気消沈しつつ近くで見つけたラーメン屋へ駆け込む。

らぁめん「はやたろう」黒旨ラーメンランチA
IMG_20151214_132249

とんこつベースでコク深いラーメンでした。
チャーハンもGood。
ふぅ、元気出たぞ。

そして愛知県突入!
IMG_20151214_154230

県境の峠道を越え、日本100名城の一つ・長篠城まではあと下りだけ。
その途中の道の駅・鳳来三河三石へちょっと寄り道。
名前の由来はその昔、家康さんがニワトリへ三石の褒美を与えたからという。
そのニワトリさんが何をしたかというと、こういったお話が。

若き家康が武田信玄に敗れ、敵に追われているところを近くの寺に駆け込みます。
そして住職に「鶏が鳴いたら起こしてくれ」と言い、そのまま眠りにつきました。
次の日の朝、普段より超早くに鶏が鳴いてしまいましたが、約束なので住職は家康を起こしに行きます。
すぐさま家康は寺を出て浜松城へ。
その直後、武田の兵士がやってきて家康は九死に一生を得たそうです。
この功績を称え、後に家康はその鶏に三石の褒賞を与えたそうな。

一石は成人が食べるお米一年分と計算されていたので、ニワトリ一匹にお米なんと3年分
その鶏はさぞ美味しそうに育ったことでしょう。
しかしえらーいニワトリになってしまったので、食べられませんね(笑)

一つ勉強したところで中の物産店へ。
三ヶ日ミカン五平餅を購入。
20151214162155_p

ここもミカンが安い。150円て・・・。
ミカンスキーの私としては嬉しい限り。

この時点で16時前。
このまま行っても恐らく資料館的なものも閉じるだろうし、暗くなるから今日はここで腰を下ろそう。
久しぶりに米でも炊こうかな。

今まで悩まされてきたお米の炊きムラ
集中炎の火力をどう均一にするか考えた末編み出したフォーメーション。
20151214_192045

上手に炊けましたー。
20151214_192941

100均のフライパンと金網ですが、なんとかなるもんですね。
フライパンは、度重なる空焚きのせいでもうフライパンとしては使えませんが(合掌)。

食後のデザートはさっきのミカンと、静岡県離脱ぎりぎりで購入できた銘菓「こっこ」。
20151214_195804

うん、美味しい。
けどこの感じ、食べたことがある。
そうだ「萩の月」だ。
中身は生クリームとカスタードで全然違うが、生地の味がそっくり。
萩の月も生クリーム版出たら食べたいなぁ。

走行時間:2:39:43
走行距離:36.9km
平均速度:13.8km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です