1/7(109日目)

ん~!晴れた晴れた!
20160107_071229

南張公園のトイレともおさらば、さぁ行こう。
先日話したあおさが青々と波に靡いている。
とても鮮やかだ。
20160107_09050820160107_09072620160107_09074020160107_105925

この美麗な景色を見ながら、すぃーっと行ければどんなに幸せか。
20160107_120031

しかし、ここは日本有数のリアス式海岸
アップダウンがとにかく激しい。
登ったと思ったら即、貯金を崩すが如くに下りに突入
と思ったらまた登り。
差し引きイーブンなんでしょうが、キます。
精神的にも肉体的にも。

そういえばガスが心許なかったなということで途中のコメリに立ち寄り、
隣にスーパーぎゅーとらがあったのでついでに見て回る。
すると、
20160107_102203

Oh, 牡蛎・・・。
食いたいが調理したことはない。
けどパッケージには蒸し焼き5~10分でOKとある。
男は度胸、いってみよう!
20160107_132517

さてどこで料理しようか考えてたら、今日の目的地の鵜倉園地近くまで来てしまった。
展望台に登る手前で、浜辺にトイレとベンチを発見。
電話で役場に聞くと、展望台の方には東屋以外何もないそうなので、ここで平らげちゃおう。

フライパンに水を少々ということだけど、生憎うちのフライパンは完全に調理用じゃなくなってしまっているので、ここはお鍋さんに水を入れて牡蛎をぶち込む。
20160107_132930

最初は良い感じだったが、途中から牡蛎自身のエキスで蒸し焼きどころか完全に茹でモードに(笑)
一抹の不安を抱えながら、一先ず時間通りに加熱したので御開帳~。
20160107_134110

おー、なんとなく良い感じ。
いただきます。
20160107_140252

んま~い。
熱したことで縮んでしまった感は否めませんが、それでも十分ジューシー。
二つずつ二回に分けて計4個、堪能しました。

牡蛎食えば
腹が鳴るなり
志摩海岸

きっと下らない!
俳句も下らないから大丈夫!
ご馳走様!

さてあとは目の前の鵜倉半島を頂上まで登るだけ。

一旦下に自転車を置いたまま、徒歩で展望台を様子見。
確認できただけで4箇所もの展望台が存在していました。
20160107_15073620160107_151942

そのうちの一つは、入り江がハート型に見えるということで、恋人の聖地と言われています。
20160107_15292020160107_152459

モニュメントは綺麗。
入り江は、うーん(汗)
個人的にはもうちょっとふっくら感が欲しかった所。
中にはあおさ畑が並んでいます(笑)

さらにここに東屋には南京錠スペースが設けられています。
20160107_15305820160107_153326
假屋崎省吾?
そもそもこの南京錠はどこで売ってるんだろう。
・・・一人で来てるからそんなこと関係ないけどね(´ー`)

それなりに散策を終え、一旦麓の浜辺に戻る。
ここで今までに見たことのないくらいのトンビの群れに出くわしました。
20160107_163131

カラスに見えますが、これ全部トンビです。
集団で旋回しながら移動するのでちょっと圧巻。

さてご飯も済ませ、真っ暗だがいざ登頂。
・・・いやホントくらっ!
めっさこわい!
街灯一つ無いから自転車ライトとヘッドライトのみ。
頑張ればカーブミラーにも夜空を写せる、そんな暗さです。
20160107_193108

恐怖の暗闇を抜け、なんとか鵜倉園地の入り江展望台に到着。
恋人の聖地で一人撮影会を慣行!
20160107_225031

20160108_005141

20160108_034643

ハートのモニュメントいいねぇ。

・・・さぶい、つめたい(泣)
東屋の中はそうでもないが、一歩外へ出ると風が強い&寒い。

撮影も適当なところで切り上げ寝袋へダイブ!
おやすみなさーい。

走行時間:3:38:47
走行距離:47.74km
平均速度:13.1km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です