2/3(137日目)

和歌山城二の丸にて起床。
20160203_062531

そしてラジオ体操

松坂城以来の100名城
地元の名士たちと身体を動かす。
ベリー素晴らしい。
20160203_063347

ここ和歌山城は、暴れん坊将軍もとい、徳川吉宗生誕の地。
徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であったところ。
20160203_123604

お堀からの入り口、門の石垣は「切り込み接ぎ」という技法を使われていて
非常に綺麗に加工されていた。
20160203_090913

面白いことに、その向かいにある石垣はごつごつしたままの岩を積んだ
所謂「野面積み」であり、その隣は石切をして積み込みをした「打ち込み接ぎ」
の石垣。

御三家のお城と言うことで、綺麗なところはとことん綺麗。
その前の時代に工事された場所との対比が非常に分かりやすく、
石垣の違いがこんなにハッキリと分かるお城は、見ていてとても面白い。
20160203_091422

天守閣は、虎伏山という小山の上に建てられいる。
20160203_090832

山の形が虎が伏せた形に似ていることから付けられたらしいが、
なるほど、小さい虎が住んでいました。
20160203_092802

山頂入り口の楠門を潜るとすぐ、階段の踊り場に石庭ちっくな石絨毯。
20160203_093418

20160203_093245

場所が場所だけに、時間が経つにつれ、人に踏み荒らされることは容易に想像できる。
朝一番でないと見られないでしょう。
20160203_093322

天守入り口前に立つと、左に小天守、右の大天守を控える珍しい連立式天守閣。
20160203_093525

天守の内部は展覧物で一杯。
20160203_093826

20160203_093847

20160203_094026

20160203_094042

20160203_094514

20160203_095228

20160203_095234

20160203_100300

天守閣恒例、展望台。
20160203_100813

鬼瓦で雀たちが強風と格闘していました。
かわいい。
20160203_101426

展望台を降りて、石垣も降りる。
和歌山城の敷地内のは、無料の動物園があります。
この時期はツキノワグマくんが冬眠中。
しかし他にも色んな動物がいました。
20160203_105211

20160203_105419

20160203_105511

20160203_105558

20160203_105713

20160203_105844

動物園を出た後は、お堀にかけられた渡り廊下に行ってみる。
20160203_085742

ここでは昨日、映画「真田十勇士」の撮影が行われていました。
松坂桃李も来たらしい。
20160203_111103

今年の大河も真田だし、所縁の地ではフィーバーでしょうな。
・・・これから行く九度山は分かるけど、和歌山城ってなにか
関係あったのかな?
単なるロケ地?

20160203_111347

取り敢えずこれでお城は一通り終了。
お堀の外周を廻っていると、後ろからなにやら声をかけられる。
20160203_112327

知らないおじいちゃんが私の看板を見て、お城の話しをしようと
いうことで、城近くの物産センター「わかやま歴史館」の前で少し会話。
20160203_123331

といっても、100名城巡礼を掲げておきながら、そんなにお城に興味の
ベクトルが強いわけではないので、何を話したら良いのか分からない。
20160203_125432

吉宗さんのおもしろエピソードか何かでもあるかと聞いてみたけど、
生憎持ち合わせはないらしい(笑)
20160203_123604

その代わり、和歌山ラーメンのお店を教えてくれたので、お別れしたあと
早速行ってみる。

お邪魔した先は「丸三中華そば」
20160203_131303

店内に入ると、とんこつの濃厚なにほい。
濃すぎてちょっと納豆っぽい臭い。

店内には巻き寿司と早なれ寿司。
節分だからというわけではなく、通年置いているらしい。
20160203_131801

早なれ寿司については知識不足。
押し寿司的な物なんだろうな、あとで調べよ。

選んだのは「特製(チャーシュー)」
20160203_131758

味は醤油とんこつ
チャーシューは薄切りだが、7枚くらい入っていてとても満足。
しかし、お店の香りなのかスープの香りなのか、入店直後から
臭っているとんこつ臭がちょっと強い。

この香りというか、臭いは個人的にはあまり好きではない。
わかやま歴史館でこのお店を教えてくれたおじいさんが、
昔ながらの味に最も近いというので、元祖はこういった感じ
なんだろう。

美味しかったらここで満足するところだったが、不完全燃焼だった
ので、昨日お世話になった満幸商店のママさんお薦めの和歌山ラーメン
のお店へハシゴすることに。

和歌山市内のここから15kmほど。
ゆーっくり2時間くらいかけて、お腹を減らしながらいくつもりで進行。

途中に、和歌山ラーメンの火付け役だったという「井出商店」を発見。
20160203_141511

・・・店の外にいるのに、丸三中華そばの店内より強烈なとんこつ臭。
まだお腹も減っていないし、予定外なのでこのまま岩出市方面へ。

いざ到着しても、若干減りきってない感。
それでも吶喊、丸田屋岩出店

ここは店内に臭いもなく、至って普通。
20160203_154032

ここでもチョイスは「特製(チャーシュー)」。
20160203_154311

和歌山ラーメンは、チャーシュー麺を特製というようだ。
さて、丸田屋さんのお味はと。。。
20160203_154421

ふむふむ、丸三中華そばよりくさみは少ない。
チャーシューはここも7枚ほどとうれしいボリューム。
私はこちらの方が食べやすく、美味しいと感じました。
20160203_154436

これで満足。
ここから九度山方面へ。

紀の川沿いを東へ。
道の駅紀の川があったので立ち寄り。
20160203_172548

20160203_172614

20160203_173231

屋根は十分。
遠くには東屋もある。

現在トイレ改修中のため、男子トイレが仮設。

今回はここではなく、もっと先の道の駅・柿の里くどやままで進む。

トイレの近くでは、女の子のグループがダンスの練習中。

邪魔をしないように、こちらは離れて屋根の隅っこをお借りする。
うぅ、今夜も冷える。
お休みなさい。

走行時間:3:45:52
走行距離:55.26km
平均速度:14.6km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です