2/4(138日目)

道の駅くどやまにて、朝6時頃起床。
20160204_062938

直売が朝の9時からだが、7時前には準備をし始めたので慌てて撤収。
隣には広い芝生があり、一面にはふんわりと霜が降りていた。
20160204_071958

20160204_072512

20160204_072601

寒さも佳境に入ってきて、いよいよ朝晩が辛くなる。
しかし、放射冷却があるとはいえ、冬にこんなに晴れの日をみるのは
人生で初めてだ。
今頃横手は雲に蓋され、雪に閉ざされているのだろうか。

テントを片付け終えて、適当に駅の周りを散策するなどして時間を潰す。
20160204_070833

20160204_072041

20160204_072119

20160204_072210

20160204_072227

20160204_072322

20160204_073003

トイレとなぞのスペース(たぶん休憩所的な・・・。にしても半端すぎる。)
20160204_070947

20160204_071720

20160204_071733

展示物や直売所の9時スタートに合わせて入店。
最初に直売所を見てみる。
20160204_092151

ここ九度山は柿の産地らしく、柿の葉寿司なるものが置いていた。
食べてみたいがちょっと値が張る。
今回はスルー。
20160204_093123

その他にも色々珍しい物がずらり。
20160204_092631

20160204_092744

そんな中、単なる朝パンを購入。
続いてお隣の展示物コーナーへ。
20160204_092500

今年の大河ドラマ「真田丸」が絶賛放送中。
20160204_070939

その真田昌幸・幸村親子が、関ヶ原に敗れ蟄居の身となり、
流されてきたところが当地・九度山だそうな。

この道の駅から街中に入っても、真田一色である。
20160204_100325

20160204_100409

その真田親子が、実際に住んでいたお寺がこちら。
真田庵。
20160204_101504

20160204_101647

20160204_104555

色々張り紙がしてある。
少々うるさい。

この敷地内にある宝物庫には、真田家所縁のものズラリ。
20160204_102035

20160204_102042

20160204_103956

20160204_104008

20160204_104033

20160204_104049

20160204_104112

20160204_104141

20160204_104254

20160204_104313

大河効果で観光客が増えるでしょうが、このままだと対応
出来るのか正直不安。

親父様である昌幸公のお墓もあり。
20160204_102617

一通り見終えたあとは、近所にあるそば処・幸村庵
20160204_101334

20160204_110251

20160204_110300

かけそば700円
20160204_110850

20160204_111018

ちょっとお高めですが、ゆずが利いてて、とても美味しかった。

昼食を終えて高野山へ向かうため、九度山駅へ。
途中、迷路みたいな街中で少し迷う。

幸村の抜け穴(実は古墳)。
大阪城まで続いているという言い伝えがあった。
20160204_105023

20160204_105033

奥ゆかしい注意書き。
20160204_100639

一瞬金太郎かと思った。
20160204_100554

20160204_100605

真田庵や真田の抜け道など、看板が少なく、また小さいので、観光するには少し難儀するかも。
20160204_101018

さて、やっとこさ九度山駅に途中。
20160204_113903

20160204_114333

極楽橋という駅から、ケーブルカーで高野山駅を目指す。
20160204_125929

傾斜がえぐい。
20160204_125944

電車が階段状になっているのは初めて見た。
20160204_125953

すれ違いもちょっと怖い。
20160204_130433

ここでスカイツリーよりたかいと言われても、あまりピンとこない。
20160204_130529

油断すれば転落するほどの傾斜。
着席するまで結構ハラハラ。

高野山駅に到着後は、バスで移動。
自分は最初の方のバス停で降りて、最初に向かうは
真田家の菩提寺・蓮華定院。
20160204_132334

20160204_132411

20160204_132437

20160204_132503

ここは宿坊となっており、参拝のみはできず。
奥には、真田昌幸の長男で上田藩初代藩主の真田信之と
二代目藩主のお墓が二つ、佇んでいた。
20160204_132538

20160204_132607

20160204_132700

蓮華定院近くには、日蓮聖人が高野山にて勉学中のおりに
居たという五坊寂静院がある。
20160204_133809

20160204_133834

20160204_133844

20160204_134049

20160204_134101

20160204_134517

ここは今無住職状態で、ひっそりとしていた。

ここから徒歩10分ほどで、真言宗総本山・金剛峯寺に着く。
20160204_135513

20160204_135625

境内のお池は、びっしりと凍り付いていたが、雪はさほど残っておらず。
20160204_140012

20160204_135711

20160204_140143

さらに西へ進むと、根本大塔というどでかい塔が姿を現す。
20160204_140752

ここまで来るのに、多くのお寺があり、どれもとても大きかったが、
金剛峯寺とこの根本大塔のせいで、感覚が麻痺してしまう。
20160204_134759

恐らくどの寺院も、他の高校では4番を張れる、そんな感じの規模だらけ。
その二つは世界遺産だから仕方ないね。

そしてもう一つの世界遺産、大門に向かう。
20160204_144736

20160204_144817

冬だからだろうか、中国からと思われる観光客が一組のみで意外と静か。
ここまでくるのに、混雑なんてものは一つも見当たらなかった。

しかし雪がない言えど、寒いものは寒い。
20160204_150245

今思えば、バス代ケチらず使えばよかったと後悔。

なんとかがんばって歩いて、今度は弘法大師が眠られているという奥の院を目指す。
奥の院への道が始まる「一の橋」から、お墓と杉の木が立ち並ぶ参道を進む。

道の脇にある無数のお墓の中には。大名家のものも多数あった。
20160204_152146

20160204_152246

20160204_152518

20160204_152647

しかしここまでの疲労と寒さで、ちょっと写真どころではなくなってきた。

リュックで肩が痛いし、寒さで鼻も痛い。
序でに頭も痛くなってきた。

飽きも来て最後の方はあまり撮らず。
織田信長や豊臣秀吉のお墓もあったが、探す気力すら
なかった(笑)。

手水舎はすっごい凍り付いている。
手を清める気まで凍ってしまった。
20160204_160806

奥の院は撮影禁止。
20160204_160922

20160204_162431

20160204_162857

本殿の中は薄暗く、これぞ、ザ・密教といった感じ。

帰りはさすがにバスを使おうと、バス停に向かう方の道を行くと、
目を惹くものが色々。
20160204_154738

20160204_162927

具合が悪いが、撮らずにはいられない。
20160204_152647

20160204_154238

20160204_163108

20160204_163234

20160204_163325

20160204_163502

20160204_163523

なんとかバスに乗り込み、お次はケーブルカー。
九度山に戻り、頭痛に耐えながら今日の寝床へ。

本日は びわくんと共に先輩チャリダーアキラさん宅にお邪魔します。
20160204_204501

はぁ、疲れた・・・。
熱があると思いきや、逆になさすぎだべ、これ・・・。
20160204_204655

しかしアキラさん宅のおもてなしが最高すぎる。
20160204_204737

このコンディションでは尚更ありがたい。
感謝感激雨あられ。
20160204_204843

走行時間:0:51:55
走行距離:10.5km
平均速度:12.1km/h

「2/4(138日目)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です