2/17(151日目)

奈良市内のゲストハウス・奈良日和りにて起床。
相変わらずお布団は最高だ。
反面、出るのが辛い。

紀伊半島から北上してきたからなのか、奈良がそうなのか、異様に冷えを感じる。
放射冷却しておきましたよと言わんばかりの快晴のした、宿主の「のじゃ」さんにお別れを言っていざ出発。
20160217_082047

平城京を横目に大阪方面へ。
20160217_084529

ここらは多くの高速や鉄道が通っており、その分高架も多い。
そして歩道が翻弄されるがごとく入り組んでいるのである。
そんな気持ちを表したのだろうか、なんだ坂こんな坂。
20160217_085100

実にわかる、その気持ち。
まぁこの後は、比較にならないくらいの坂が待っているのだが。

その前にちょい洗濯。
隣のおじいちゃん、洗剤不要のランドリーにめっさ自前の洗剤入れてたけど大丈夫なんだろうか。
IMG_20160217_100213

さぁ、服も洗ってリフレッシュ。
再び汗にまみれようか。
20160217_122423

やってきました暗峠
日本最凶の国道、いや酷道です。
20160217_123101

その名の由来は、峠の薄暗さだけでなく、あまりの勾配にその昔、馬が鞍ごとひっくり返るほどの坂道だったからとも言われている。
奈良側からはまだ優しいというので早速アタック開始だべし!
20160217_123732

無理だべし!
最初の住宅地エリアを抜けるまで何回休憩したことか。
ぜえぜえ言ってると、ハイキンググループのおじちゃんおばちゃん達に遭遇。
頑張って!と、荷台におかきアソートの袋が括り付けられる(笑)
ありがとうございます!

ついでに雪がぱらつき始める。
20160217_130822

いとおかし。
なんて言ってられない。
体が冷える。
もうひとがんばり。
20160217_131458

20160217_132226

20160217_133610

ぬ、この石畳はもしや・・・?
20160217_133820

よっしゃ~てっぺん到達~!
20160217_133925

そして頂上付近で出会った、同じく奈良側からクロスバイクで登ってきたおとうさんから、近くの喫茶店でコーヒーをご馳走に。
さらにその喫茶店からケーキもプレゼントして頂きました!
20160217_141705

20160217_144508

20160217_144828

県民SHOWに出ていた「幻のレインボーラムネ」が、まさかこんなところに。
20160217_145428

ケーキだけでなく、こちらも喫茶店のおかあさんの御厚意で頂いてしまいました。
なんという・・・。

青息吐息で登った甲斐がありました。
20160217_145058

20160217_145135

暗がりの向こう側には、人の温もりがありました。
暗峠のおとうさん、喫茶友遊由の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

よっし、気合入れて下るぞ!
暗峠の本当の姿は、大阪側にあるらしいからな。
20160217_150038

大阪の町並みが見えてきた。
20160217_150644

しかし、しかしそれどころじゃない。
20160217_150852

きつすぎるっ!
20160217_150912

ブレーキが効かない!
20160217_150933

腕が、パンパン!疲れる!
20160217_151048

まさか下りで休憩せざるを得なくなるとは、思いもしなかった・・・。
20160217_151327

えぐすぎる・・・、暗峠大阪・・・。
でもあとは平坦な大阪の町。

関東と違って、それなりに道幅もあり歩道もある。
鉄道を跨ぐのに苦労したくらいで、本日の宿・長居ユースホステルに程なく到着。
20160217_171527

荷物を置いた後は、群馬の榛名山で出会った登山大好き三姉妹の
うちの一人、大阪のおかあさんにお夕飯をご馳走になりました。
20160217_193255

しゃぶしゃぶ、すき焼きなんて何年ぶりだろう。
あぁ、幸せ。
ご馳走様でした(>人<)
20160217_194106

20160217_200520

走行時間:3:28:10
走行距離:43.68km
平均速度:12.5km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です