3/3(166日目)

津山観光センターにて起床。
早速、35城目・津山城へレッツゴー。
20160303_084049

ここ津山城、別名「鶴山(かくざん)公園」はなんと有料公園。
入場料に300円掛かる。

桜の名所らしく、実際入ってみると沢山の桜の木が植えてある。
オフシーズンのうちは無料にすればいいのに

石垣と桜の間を上っていくと、現・津山城のシンボル、備中櫓が姿を現す。
20160303_084611

通常の櫓とは違い、横長幅広である。
そしてこの津山城、普通は縄張りの中に20個もあれば多いといわれる櫓が、なんと77棟も存在していたらしい。
20160303_095550

20160303_104821

築城者は森蘭丸の弟、森忠政。
関が原の後、二代将軍・秀忠の命で、西国大名監視のためこのようなガチガチに守りの固い城にしたらしい。
姫路城然り、西に睨み効かせすぎでしょ(姫路城は櫓が61棟、ここも多い・・・)。

城内を練り歩くと、櫓跡と高石垣が随所にある。
20160303_085537

20160303_085920

20160303_090243

20160303_090451

20160303_091427

写真も残っている。
20160303_095453

因みに天守閣の4段目がボロ剥げているのは、幕府の許可なく5重の天守にしていたため。
幕府がそれを知り調査団が派遣されると、城主の忠政は急いで4重目の屋根瓦を破壊
残った板葺き屋根を「あれは庇であり、天守は4層建てである。」と言い張ったらしい。
こうして難を逃れた森氏だが、5代目が謎の発狂。
津山藩は召し上げられ、代わりに越前松平家が入ることとなる。

その天守のあった天守台には、今も礎石がそのまま埋められている。
20160303_090655

20160303_090821

そして隣には、復元された備中櫓。
20160303_090826

迷路のような石垣の間を抜け中へ。
20160303_091717

20160303_091756

20160303_091822

20160303_091855

20160303_092553

20160303_092651

備中櫓の由来は、鳥取城主・池田備中守長幸にあるという。
その備中櫓の隣には立派な藤棚があり、備中櫓と並んで壮観(季節外だけど)。
20160303_101034

20160303_101049

20160303_101512

そういえば本日は三月三日、桃の節句
津山城内でもひなまつり会場が設けられていた。
20160303_102217

20160303_102252

すげぇ、色々飾られている。
一式でも立派なものだと感心するものが、ここまで集まると圧倒される。
20160303_102459

20160303_102851

20160303_102358

20160303_102331

20160303_103047

20160303_103220

まだ蕾は固いけど、春はもうすぐそこだ。
20160303_101208

20160303_091855

備中櫓で受付の方や観光のお父さんに教えられ、お城の次にやってきたのは旧城下町
20160303_085945

20160303_111100

20160303_111344

ここでは、あの「男はつらいよ」の第48作目(最終作)のロケが行われたらしい。
20160303_120006

20160303_120313

実際、故・渥美清の生姿を見たというおばちゃんに話を聞いてみたが、やはりすごくくたびれた様子で撮影がしんどそうに見えたという。
この映画は1995年に公開され、その翌年に寅さんこと渥美清は亡くなられています。

ロケ地以外でも、情緒あふれる町並みや、素敵な工芸品を売るお店など見所は随所にあり。
20160303_121647

20160303_121755

20160303_121819

20160303_121837

20160303_121850

20160303_113652

この城下町を東へ抜けて少し行ったところに、津山のB級グルメ・ホルモンうどんの名店があるというので早速お邪魔。
橋野食堂

ホルモンうどん2玉(880円)を注文。
20160303_123345

うほ、いいホルモン。
20160303_123350

ネギもトロ甘で、た、堪らん・・・!
20160303_123822

60年変わらないという味噌ダレと、じゅわじゅわジューシーのホルモン&野菜を存分に堪能。
二玉はちょっと多かったが、ふー、食った食った。
ご馳走様でした。
20160303_125725

そういえば津山市内を歩いていると、妙に河童のデザインを目にする。
20160303_131622

20160303_131659

20160303_131709

20160303_111531

20160303_131809

時々カエル。
20160303_131842

20160303_132152

やはり時々カエル。
20160303_132235

20160303_132317

なんでも、近くを流れる吉井川はよく渦流が発生する河川だったため、川遊びをする子供たちを戒めるため、川には河童が住んでいるから気をつけなさいという話をよくしたそうな。
その為、河童が身近にある土地になったという。
河童さん、ご苦労様です。

そんな河童に混じって気になるのぼり。
20160303_132207

一瞬、うまか棒かと思った。

市内を離れ、今日は温泉の日。
温泉博士で瀬戸川温泉
20160303_142628

中には白鵬が来た写真があった。
どんな因果で来たんだろうか。

お風呂に入ってさっぱりさっぱり。
スーパーで買出ししながら、本日の寝床は道の駅・久米の里へ向かう。

聞くところによると、巨大Zガンダムがあるというのでドキドキしながら到着。
向かいにコンビニがあるのはいいね。
20160303_214313

が、なんと閉店ガラガラ!
ガレージが閉まってる。
20160303_225859

君は、刻の涙を見るんじゃなかったのか・・・。
見せてくれよぉ(血涙)。

走行時間:2:04:45
走行距離:28.76km
平均速度:13.8km/h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です